くぼりブログ

気になったこと、身近なことを記録します。

どれを選べばいいか迷う。Kindle端末4種類の違いとは?

f:id:kuboriron:20211028204313j:image

こんにちは。くぼりです。

こちらの記事でKindleを買った話を書かせていただきました。

kuborii.com

Kindle端末はいくつかシリーズがあり、またいくつかオプションがあります。

私もどれを選べばいいか迷って、結構考えました。

なので、ここでは各シリーズの特徴、そのオプションについて書きたいと思います。

 

◾️Kindle端末の種類

Kindle端末には以下の4種類があります。(正確に言うと、KindleKindle Paperwhiteにはキッズモデルがあるのですが、ここでは割愛させていただきます。)

 

Kindle

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite シグニチャー エディション

Kindle Oasis

 

①〜④の順に、上位モデルとなり、価格も高くなります。

 

※私はKindle Paperwhiteの第10世代を買いましたが、2021/10時点で第11世代が発売されています。

なので、この記事では、現時点で最新である以下について書きます。

Kindle Paperwhite(シグニチャーエディション含む)

→第11世代

KindleKindle Oasis

→第10世代

 

◾️それぞれの特徴と選べるオプション

ここでは、それぞれの特徴と選べるオプションについて、ご紹介します。

Kindle

Kindleは、1番お手頃な価格(8,980円)で購入でき、色は黒または白から選べます。

また、デフォルトでは広告が付いているのですが、2,000円プラスすると広告なしの端末を購入できます。

Kindleの広告とは

広告が表示される場所は、スリープ画面やホーム画面の下部などで、読書中には表示されないようになっています。

広告の種類は、Kindle Unlimited、Kindleストアについてやキャンペーン・セール情報です。

上記が気にならない方は、2,000円安い「広告あり」の端末でもいいでしょう。

ただ、購入した後に広告を非表示にする方法はないので、注意しましょう。

 

ディスプレイ:6インチ

サイズ:160 mm x 113 mm x 8.7 mm

重量:174g

容量:8GB

 

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhiteは、Kindleより6,000円高い14,980円で購入できます。

また、Kindleと同様に2,000円プラスすれば広告なしにすることができます。

Kindleとの違いは、主に以下が挙げられます。

・解像度

Kindle(167ppi)に比べて、300ppiと高く、小さな文字も見やすいです。

・防水機能

Kindleと異なり、防水機能(IPX8等級)が付いているのでお風呂でも読むことができます。

※IPX8等級:実験では、水深2メートルまでの真水で最大60分、水深0.25メートルまでの海水で最大3分まで耐えられることが確認されているそうです。

・色調調節ライト

→スクリーンの色調を明るいホワイトから暖かみのあるアンバーへ変えることができ、好みの色に調節できます。

 

ディスプレイ:6.8インチ

サイズ:174 mm x 125 mm x 8.1 mm

重量:205g

容量:8GB

 

Kindle Paperwhite シグニチャー エディション

Kindle Paperwhite シグニチャー エディションはKindle Paperwhiteより5,000円高い19,980円で購入できます。

こちらは広告なしで、上記の価格です。

Kindle Paperwhiteとの違いは、主に以下が挙げられます。

・容量

Kindle Paperwhiteの8GBに比べて、32GBと大きいため、より多くの書籍をダウンロードできます。

・ワイヤレス充電

→これが1番の特徴だと思います。

Kindleシリーズの中で唯一対応しており、上位モデルのKindle Oasisでもワイヤレス充電には対応していません。

ただ、専用の充電スタンドは別売り(3,480円)です。

セットで買うと、2,2460円なので、充電スタンドを1000円引きで購入できます。

もし、充電スタンドも購入する場合は、セットで買うとお得なので、忘れないようにしましょう。

・明るさ自動調節機能

→周囲の明るさを感知し、自動で画面の明るさを調整してくれるため、場所を選ばず読書を楽しめます。

 

ディスプレイ:6.8インチ

サイズ:174 mm x 125 mm x 8.1 mm

重量:207g

容量:32GB

 

Kindle Oasis

Kindle Oasisは、Kindleシリーズの中の最上位モデルで、他のシリーズの機能はほぼ全て搭載しています。

(ただ、繰り返しになりますが、ワイヤレス充電には対応していません。)

デフォルトで、価格は29,980円です。

これに、オプションを付けていくと、どんどん高くなっていきます。

 

選べるオプションは以下となってます。

・容量

→8GBまたは32GBから選べます。ただ、32GBにすると、8GBと比べて3,000円高くなります。

・広告

→広告ありかなしを選択できます。

他のKindle端末と同様、広告なしだと2,000円高くなります。

・接続方法

Kindle Oasisは、Wi-FiWi-Fi+無料4Gを選べます。

無料4GならWi-Fiがない場所でも、書籍の購入やダウンロードができます。

場所を気にせず、読書を楽しみたい方にはおすすめです。(端末にダウンロードしてあれば、オフラインでも読書はできます。)

ただ、Wi-Fiと比べて、Wi-Fi+無料4Gは6,000円高くなります。

 

参考までに

1番安くて、29,980円(8GB/広告あり/Wi-Fi

1番高くて、40,980円(32GB/広告なし/無料4G)

となります。

 

続いて、KindleKindle Paperwhiteとの違いについてです。

・人間工学的デザイン

→人間工学に基づいて設計されたグリップにより、片手でも持ちやすくなっています。

・自動画面回転機能

→自動で画面が回転するため、縦でも横でも、右手で持っても左手で持っても、読書を楽しむことができます。

・ページ送りボタン

→グリップに設置されたボタンでページを送ったり、戻したらすることができます。

なので、片手でも読書しやすいです。

 

ディスプレイ:7インチ

サイズ:159 mm x 141 mm x 3.4-8.4 mm

重量:188g

容量:8GB/32GB

 

◾️まとめ

今回は、Kindle端末の種類について書かせていただきました。

自分のライフスタイルに合ったKindle端末で読書を楽しみましょう。

もし、少しでも役に立ったと思ってくれた方がいたら嬉しいです。

 

以上となります。

ご覧いただき、ありがとうございました。